たまにはカップ麺を選んでみる

最近懐かしさで夜食にカップ麺を食べてしまうシラトリです。

今でも見たら買ってしまうもの、カップヌードル、シーフード、ペヤング、カップスター、チキンラーメン、どん兵衛or赤いキツネと緑のたぬき。一年で全部は食べられませんけど、年越しにはどん兵衛か緑のたぬきとか、月に一度程度は食べてみたくなるんです。

カップ麺って好みが変わる事もあるし、変わらないモノもありますよね。

例えば、昔は一平ちゃん、今はペヤング。

懐かしさで食べようとしているので、陳列されていても買わない時は買いません。「ペヤング買ってきたけど食べる?」は結構テンション上がりますし、一平ちゃんがくればスルーします。細かく言えば、ペヤングを頼んで一平ちゃんがくればテンション激落ちです。風邪を引いてポカリ飲みたいのにアクエリアス買ってこられちゃうような。

最近は夜店=マヨ、もう聞くだけでもたれる
(個人の見解です)

最近のカップ麺は美味しい。

有名店から生まれたカップ麺

その中でも好みな「蒙古タンメン中本」と「AFURI」

蒙古タンメン中本は行った当時目黒にあって、ティッシュが置いてあるからなんでだろうと思っていたら、一口ラーメンを口にしたら湧き出る汗を拭う為のものだったんですね。お腹が空いていたのに辛すぎて体が拒否しラーメンとスープを口にできませんw

・・のカップ麺が辛さが程よく美味しいのです。

AFURIは中目黒しか行った事ないんですけど、当時4歳だった長男も好きなラーメンです。
柚の香りがして麺やお肉も美味しい、当時大盛りのラーメンを分けてトロ肉ご飯的なモノで二人満足してたのが一杯づつ食べれるようになり成長を感じたラーメン屋でもあります。でも長男柚の香りが苦手なんだけどよく食べたなあ。

・・のカップ麺が柚の香り、麺やお肉もこだわっていて美味しいんです。

ラーメン奉行じゃないのでうまい事言えませんが。

「危ない夜食への誘い・・」

中に入ってる麺と具が美味しく、またスープが美味しいから替え玉を用意してみましょう。替え玉には太麺細麺好きな麺を用意し、ご飯やうどんでも良いかもしれませんが、、スープまで存分に楽しめるけど高カロリーとオーバー塩分のリスクを背負います。

一度やってしまうと脳が欲するはずです、スープを食べてるあの感覚を。

そんな症状が出たら食べましょう、走ればいいんです。

何を隠そう、インフルエンザの時私を救ったのはカップ麺。

2日でゼリー3個しか食べられなかった私が、スルスルっと胃へ運んでくれて高カロリー塩分やら何やらが夜中とんでもない汗をかかせてくれた。というどうでもいいエピソードを挟みます。

変わらない懐かしさで買う。

ペヤングがあると、お昼ペヤングでいいかなという安心感が生まれます。
次の日シーフードがあったので、お昼シーフードで良いかなという奇妙な安定感が生まれます。
次の日またペヤングがあったので、お昼ペヤングで良いかな、ジョジョに慣れたもんで目玉焼きもいれようかなという使命感が生まれます。

結果ペヤング、シーフード、ペヤングとお昼を3日間調子に乗って冒険したんです。

注)「何だコレうまいなあ」というイメージです。

ペヤングが2日続いたら食べなかったけど、間に1日シーフードを挟んだから飽きずに食べてしまった。

しかし次の日風邪を引いたのは私です。

お体に障りますので、しっかりとごはんを食べるべきです、はい。

すべて私の独断と偏見で書いております。最後までお読みいただきありがとうございます。