カラーハンティング展に行ってきた

2013年9月19日
kらーハンティング点

以前このブログでも紹介した「デザイン あ展」を展示していた21_21 DESIGN SIGHTで「カラーハンティング展」が開催していたので行ってきました。火曜日休館の困ったところです。まったく!

海、空、星、植物……。自然界には、無限の色が存在します。その一方で、人間がつくりあげたもの—-
大量生産品からコンピュータの画面上に展開するバーチャルなイメージまで、それらの色の多くは既成の色見本や色彩理論をもとに作られています。私たちの生活は膨大な数の色のバリエーションで、自然の中の色彩体系とは別世界のようです。
本展ディレクターの藤原 大は、自らのデザインリサーチのなかから「カラーハンティング」というデザイン手法を生み出しました。自然や都市に存在する現実の色を、自ら水彩絵具を調合してその場で紙片に写し取っていく行為は、文字通り色の採取(カラーハンティング)です。そうして採取した、色からはじめるデザインは、ものづくりのプロセスに関わる人々や使い手に色の意味や物語を伝え、豊かな色彩環境を広げることでしょう。

IMG_6923

空の色を365日観察し、色をとってくる。

IMG_6066

すごい発想ですよね、そういえばグレーな日があれば青い日もある深く青い日もあるし限りなく白に近いグレーもあるしね、

IMG_6067

写真は撮っていても色まで深く考えた事無かったのでいい刺激になりました。空に合わせながら色を穫る姿も納得。

IMG_6065

このシューズはライオンの色。
白に近い茶色もあれば何層にも重なった茶色もある。

自分の肌色と同じメガネを探すんだけど全然見つからないw

IMG_6935

究極は言葉、固有名詞を色にしてしまう事。

IMG_6937

閲覧者に未来の色を選んでもらって貼ってもらう壁

IMG_6938

妻が一番下手前のピンク、その右が僕で、結都が赤と黄色。(ん?

面白いので来年お客様に七夕の短冊を書いて貰って壁に貼付けてもらおうかな。

子供もアートデザインに触れられて楽しそうだったので一緒にいきました。

見て

IMG_6928

遊んで、

IMG_6097

最後はココで集中。

IMG_6921
この展示を見てカラーリングでの色の幅、見る目が大きく広がって、
イメージと重なるカラーを更に精度を高めて営業致します!

興味深くて面白い、刺激のあったカラーハンティング展。

Hair&Esthe Shiratori

埼玉県三郷市戸ケ崎2-433-2
火曜・第3火曜水曜定休
Tel 048-956-3900
禁煙・駐車場3台
HP www.hair-shiratori.com/