繋がりを大切にする

車いすになってもシラトリに来てもらえたら嬉しい

35年前僕が赤ちゃんの頃から知っている人が、今でも笑顔で通っていただいている[シラトリ]です。両親とお客様が築いてきた関係を傍で見ていて、憧れていました。ヘアサロンはもっと身近な存在で、言いたい事が言える場所であり、一緒に悩んで相談に応えられる場所。車いすになってもお世話をさせていただいたら最高に嬉しい、そんな想いを込めて車いすのままでもカットできるようにしています。
これからも「わからないからちょっとシラトリさんち行ってくる」という良質な距離感と素敵な関係性をこれからも創っていきたいです。

髪に優しいは肌に優しい、そして地球に優しい。

肌が弱いお客様からのご相談で、薬剤にこだわっていたら今まで以上に髪がふわっとまとまるようになりました。シャンプーや商品にこだわっていたら、僕の手が荒れなくなり髪が綺麗になりました。今では髪にも肌にも優しい薬剤や商品に自信を持っています。