iPhoneを落とした事ありますか?

考えつく限りとんでもない恐怖です。

最近のニュースで車で突っ込んでiPhoneを100台盗む位、お金になるiPhone。個人情報、クレジット情報を抜かれそう、ネットショッピングで使われそう、永遠電話されそう、リアルにLINEで乗っ取りでiTunesカード請求されそう、simカード抜かれてiPod touchとして使われそう。

まず落としたら見つからないと思うiPhone。

先日妻が子供と自転車でお店に来る途中に落としました。

さて、あなたはどう探します?

私が考えられるのは3通り。

1.来た道を戻り辿り探す。
2.「iPhoneを探す」のiPhoneアプリを使う。
3.拾われてしまっただろうから諦める。

1人で探しにいくという妻に持たせたものは「身分証と母の携帯」
多分1人では無理なので、手があいた私も行く事にしました。

まず使ったのは 『find iPhone』 のiPhoneを探す。

ファイル_001

登録されているiPhoneを4g、3g回線、LTE、Wi-Fiにより位置を特定してくれるアプリ

このようにMAPに特定してくれるアプリ。

最初は水元公園のBBQ場を示していて、公園内で落としたんだなって特定できました。

その後印があっちへふらふらこっちへフラフラ・・・水元にいたのに三郷公園のほうへ移動しています。移動してるという事は、もっていかれたかも知れないので、急いで探しにいこう!って言っても落としたショック等色々考えすぎて、授乳しながらフリーズしてる妻。しかも「わかってるよ!」といらだっている。
それは私が体験した高校の修学旅行で起こしてあげてるのに「起きてるよ!!」と言い放つアイツを思い出す。わかってますよ、母の日だから私の母の為に料理したいのもわかってますよ。でも携帯をiPhoneを落とした事はそれ以上に重大な事で母もお祝いされていても素直に喜べないでしょう。

アプリの「紛失モード」を使い、私の電話番号を入れる。そうすると探してるiPhoneに「落としましたのでご連絡下さい」と「私の番号」が表示されるんです。アプリが示す三郷公園まで自転車ではしり、近辺についたら拾った方が出てくれないか電話する。駄目ならアプリで「サウンドを再生する」を使い、落としたiPhoneから音を鳴らして落ちている場所を特定する。(誰かに見つかり拾われる可能性があるので少し怖い)

三郷公園まで走ったら、また移動してる・・ん?またBBQ広場?

鳥か?いや電波ですね。電波を拾う所?発信する所?で位置が移動してしまうんですね・・汗

アプリを信じきった完全に私のミスです。(開直

通ってきた道を記憶を頼りに辿る

三郷公園から水元公園に移動し、妻が通ってきた道をたどります。

いきなり裏道にいって「タイヤに空気を入れた所で落としたかも」、いまさら重要な情報をさらっといれてきますが、空気入れを借りたレンタサイクルのお母さんにきいても駄目でした。

BBQ広場まで道ばたを探しましたが全く見つからず、万事休す。

落とし物を管理してる所を探す

そういえば昔BBQしたとき財布を失くして落とし物を管理する所があったなと。

公園内にある落とし物を管理するサービスセンターへ。

しかし5時を回り閉まっている。。。

そこでもう一度『ふぁいんどあいふぉん』(のぶ代風)

このアプリはドラゴンボールという漫画でブルマという女の人が発明した、7つ揃えば願いが叶うというドラゴンボールという不思議な球体を探せるという特殊なドラゴンレーダーのよう。

お!コレは・・・交番の方へ移動している。
そうか落とし物と言えば交番だ!(輝

「交番ってどこにあるの??」(棒

妻の目は死んでいる・・・確かに子供と一緒に金町から三郷まで来て、iPhoneを失くし、行ってもいない三郷公園から水元公園だのサービスセンターだのBBQ広場だの連れ回され、辿り探しまわり疲れもピークだろう。

パン屋「ダーシャ」の前、ラーメン天華の隣にあるじゃあないか!(ジョジョ風

妻の目はs・・(略

交番につくと、妻「携帯落としたんですけど、届いていませんか?」(棒

k官、k帯がk番に届けられると確認等の手続きで時間がかかる的な、色々ひとしきり何かを説明した後、「たぶん今その携帯を届けてくれてる方がいて、あれですか?」

妻「!!!!」(目に生気が宿る)
妻「そうですアレです!!!」(喜)

妻「絶対見つからないと思った、よく交番ってわかったね!」(涙)

その後15分ほど、身分証明、ロック解除、携帯を鳴らしてもらうなど確認して、手続きをして待って手元に戻ってきました。

妻「日本て、いい国ですね!!」
k官「・・・」(汗)
私「・・・」(汁)

探し始める前、妻には本人確認のため免許証、手分けして探す為に母の携帯を持たせ、私が携帯を証明できるよう確認のため一緒に探している事は理解できなかったでしょうね。家に忘れてきた訳ではないので、1人で探せるわけないんです。私は財布を忘れたり、携帯を電車に落としたりして経験してきたので少し役に立てたかな
と勝手に思うわけです。

公園内で落として公園の遺失物係さん?が交番に届けてくれました。
残念ながら一緒にはいってたsuikaはなくなっていました。

[まとめ]落としたらすぐやる事

  1. アプリ「FIND iPhone」でiPhoneを探す
  2. 地図上に家でなく来た道の途中だったら「紛失モード」
  3. 本人確認できるものを持つ事、出来ればもう1人つれて探してもらう
  4. 大体の位置を把握し、記憶を頼りに来た道を辿る
  5. 近くまで来たら「サウンドを再生」を行う
  6. サービスセンターへ落とし物がないか聞いてみる
  7. 近くの交番へ行って、落とし物がないか聞いてみる

(なければ落としたものの手続きをする)

「いいサイクリングだったね〜」
「一時間ちょいかかっちゃったね」
「一時間ちょいで見つかったんだから良かったじゃない」

「いつもそう言い換えるよね。」
「「そうだね」より「良かったね」で終わった方が良くない?」

と言った所で帰り際にどうでもいい事で言い合いになったのは内緒です。

探すって言うのはすごくパワーを使いますね、疲れると私は頭が漫画風のテンションになるんだと再確認しました。

母の日に買ったお肉が美味しかった、妻が母に気をかけてくれる事はとても嬉しい事ですよね。

それにスパイスの利いた、いつもと違った母の日を過ごせてよかったです。