Q.泡カラーってどうなの?

2016年10月20日
%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%81%e3%83%a7%e3%83%b309

泡カラーはお手頃で、馴染みやすく、塗りやすいですよね。

牧瀬里穂のCMを見る限り、パパに電話する余裕すら感じます。

ハケで塗ることも無く馴染んでいくのでとても簡単です。

本日の朝にご質問いただいたので、ホームカラーで気をつけなくてはいけないことを「3つ」ご紹介させていただきました。

「時間を厳守」と「毎回毛先まで塗ってはいけない」

時間を守らないとどうなる?

8年以上前の話ですが、父はお店のカラー剤を自分で塗って2時間以上寝てしまい肌がボロボロになり、今ではアレルギーですごいことになってしまいます。
地肌に優しいヘナで塗ったときはいいのですが、、、、
どうなるかとその対処法は、恐ろしいのでお店でお話し致します。

頭皮は吸収力がいいんです。
「羊水」からシャンプーの匂いがしたという程、体中を回ります。

頭皮にいい事も悪い事も全身にもいきわたるんです。

髪の毛についた場合

「化学反応」ですので、活性酸素がたまり「老化」が進みます。

髪の栄養を配合しているカラーならまだ大丈夫なんですけど、市販されているものはどなたでも染められるようになっているので強いと思って下さい。

僕らが仕事してる時でも、毛先についたらすぐ拭くか流すくらい気を使っています。

市販のカラー剤を持ってきていただいても、ちょっと染めたくないですね(汗

根元だけをカラーするが正解なんですが、難しいので是非お店で安全でいたわるカラーを推薦します。

最後に「流す事は最重要」

「カラー剤の匂いがいつまでも残ってる」ってことありませんか?

残ってるという事は、いつまでも傷み続けると思って下さい。
いつも明るくなってくる原因、パサつき引っかかる原因になります。
いつまでもそのやり方だと残ってしまうので、やはりお店で流していただく事だと思います。

A.泡カラーは手軽で塗りやすい、その裏には3つの隠れダメージに気をつける

一度カラーをさせていただいてから、3週間後に来ていただくと「安心安全な」カラーが3000円で、できますのでまずはお試し下さい。

これは「綺麗な人がやってる簡単な習慣」でもご紹介させていただいています。

髪や頭皮を治したいと思ってる方は「きっとやってみたくなる、お店での新しい集中ケア」をご紹介します。